【青年】南北千葉合同 5日修練会

講座

12月27日〜31日まで、青年部で「南北千葉合同 5日修練会」を行いました!

主に5日間、原理講義を聞いたり、スポーツを行いました!
講座では、学びが多く知的にも整理され、
スポーツは実践の場として、実際に体感することができたようです。
  

●講座の感想↓
「まず自分自身が相手のために見返りを求めず行動することが大切だという部分に、難しいなと感じながらも、自分自身から行動しないと愛せない情のままで何も変わらないんだと感じました。(女性)」

相手に変わって欲しいと思うのではなくて、自分が変わることで相手も変わってくれることを知ったので、まずは自分が変わっていこうと思いました。そして、祈るときに恥ずかしがらずに、今自分が素直に思ったことや感じたことを祈れるようにしたいと思いました。(女性)」

●スポーツの感想↓
「最初は40回程度しか続かなくて、兄弟姉妹でどうしようか話してから、すごい続くようになった。
どれだけ相手のことを思いパスをしてあげるか、親と子の感情の一端を知れた気がします。400回到達できて兄弟姉妹みんな一つとなって同じ方向を向いているこの素晴らしさと温かさこれが神様の愛なんだと感じました。(男性)」

「最後の5分で400回達成したことが神様が最高の精誠を受け取って下さったと思えてとてもうれしかった。(女性)」

「みんなが一致団結していて記録が高くなっていったのが感動した。400回というものすごく大きな目標で最初は40回でもぎりぎりだったのに、いけるか不安だったけど授受作用の力の強さを感じた
助け合う、為に生きるように動いていくときが(みんな)、この時間が多くてこれが日々の生活圏でもできるようになっていけたらもっと周りの環境が良くなっていくんだなと感じた。(女性)」

3日目は、地区成和部長の拝野部長がお越しくださり、講和や出し物の審査員をしてくださいました!

4日の祈祷会では、5日修練会恒例の「親からの手紙」が手渡されます。
修練会の前にあらかじめ書かれた「親からの手紙」を、祈祷会の時間に各自が読みながら、普段は涙を流さない人たちも涙が止まらない、とても素敵な時間となりました😭✨

●「夜の祈祷会」感想↓
夜の祈祷会では、親の手紙を読んで涙が止まらなかったです。正直に言うと、親が大嫌いで口もあまり聞きたくないほどです。しかし、本当に親子は切っても切れない関係なんだと思いました。
僕は少しでも気に入らなければ、親に対して最低なことをしてきました。本当に悔い改めないといけないと思いました。親にしてもらったこと、そして現在があるのは親のおかげなんだと改めて強く思いました。親不孝者で何もしてあげられない息子ですが、5日修の学び、感じたことを親に話していきたいと思いました。親に感謝の言葉も伝えたいと思いました。(男性)」

素直に今まで愛せなかったけど、神様が親を見るときに、親にも幸せになって欲しいと願っていると本当に感じたので、私も神様の気持ちで親を愛したいと思った。(女性)」

最終日は、南千葉の五十嵐教区長が駆けつけてくださり、役事の講座と役事を行いました!
 

船橋中央家庭教会の5階では、実際に来られないメンバーの為に、zoomを活用したオンライン修練会も行っていました!
裏で、一生懸命愛情込めて食事を作っていた食当さん方もお疲れ様でした!✨  

タイトルとURLをコピーしました