【礼拝】天寶大祝祭

礼拝

 

 日時:10月10日(日)午前8:40開始
 場所:船橋中央家庭教会 礼拝堂、モニター室:1階
 配信URL:https://tv.peacelink.live/live/details/?vid=Rz2

 

 

天の摂理から見た近世人類文明史と今日
神統一韓国のための THINK TANK 2022 希望前進大会

真の父母様のみ言
天一国9年天暦8月6日(陽.2021年9月12日)

 天の摂理として選ばれた韓民族と独り娘
 人間始祖の堕落以後、天がご苦労され、2000年前にイスラエル民族(ユダヤ民族)を通してイエス・キリストを送ってくださいました。彼は人類の真の先祖です。メシヤです。しかし、もどかしくも彼を誕生させたマリヤ、ユダヤ教とイスラエル民族は、真の主人が分かりませんでした。彼らが(メシヤの)環境圏となり、イエス様が真の父母の位置に進み出なければなりませんでした。しかしそうなることができずに、十字架で亡くなられる状況の中で「また来る」と言われました。また来て「小羊の婚宴」をするというのです。
 イエス様の弟子、使徒たちによってキリスト教が出発するようになります。キリスト教信徒たちは初期に到底言葉にできない迫害を受けました。300年が過ぎ、ローマに公認されてイタリア半島を中心としてキリスト教は発展し、ヨーロッパ大陸を経てイギリスの島国にまで至り、イギリスを通して大西洋文明圏時代を開きました。そして世界に進み出ていきました。しかし彼らはイエス様の本質が分かりませんでした。さらには創造主・神様がどのようなお方であられるのかも分からなかったのです。どうしてキリスト教文明圏の国々の間で葛藤と戦争が起こり得るのでしょうか。
 第2次世界大戦末期には民主と共産の対立により韓半島は南と北に分かれました。天の摂理は止めることができません。イスラエル民族を通して摂理しようとされた天は、彼らが責任を果たせず蕩減が残ったために、独り娘を誕生させ得る新たな国を選ばれました。その民族が2000年前から、数千年にわたって天が保護し祝福した韓民族です。韓国は戦争を嫌い、天を何よりも重要に思い崇拝しました。そして父母を敬い、先祖を敬う国として知られています。 今も三代が一家族として平和な生き方をしています。
 1945年、この国が解放されました。そして1950年にこの国で動乱(朝鮮戦争)が起きました。この韓民族を通してキリスト教の基盤の中で、1943年に独り娘が誕生します。どうして世界に知られていない小さな国の民主主義を、国連の16ヶ国が参加して守ってくれたのでしょうか? これは人間の力ではなく、天の保護があったからです。

 天の父母様に侍り神太平洋文明圏時代を開いていこう
 今日全世界で到底言葉にできない惨事と災難が起きており、さらには人間の無知によって天災地変が世界のいたる所で起きて、多くの生命が犠牲になっています。そのうえコロナパンデミックは 1年以上、全世界がひとつになるのを妨害しています。
 真の父母は 60年前に韓国を出発して世界に進み出ました。特にアメリカは天が再臨のメシヤの環境圏をつくるために、天が200年間祝福した国です。しかし天の摂理をはっきりと分からないアメリカもまた、多くの問題を生みだしました。そのたびに真の父母は、アメリカを立てて世界を抱こうとされる天のみ旨を知っていたので、アメリカで 40年余りあらゆる投入をして、 アメリカが天の祝福した国として、天の父母様の前に責任を果たし得る長子国としての祝福が続くようにさせてきました。
 いまや韓半島の統一は成されます。この韓半島で始まった神太平洋文明圏の文化は、アジア大陸を通して全世界で活発に広がりつつあります。過去の大西洋文明圏時代とは違い、共生・共栄・共義の真の愛、真の家庭運動によって世界のあらゆる義人と宗教界、多くの善なる人々が同参しています。
 私はもう一度この民族に願います。「灯台下暗し」と言います。下ばかり見ていないで、上に向かって天の声を受けて聞くこの国の政治家になることを懇切に願います。この国は人間本位の国ではありません。天に侍る国にならなければならない責任があります。
 ですから政治家だけでなく、この国民すべてが平和愛員として、天の父母様に侍る真なる祝福家庭として、孝子・孝女、忠臣の道理を果たし、アジア太平洋文明圏時代を開き世界に向かう歩みが一層活発になっていくことと信じています。天のご苦労を忘れてはなりません。すべてのことに感謝する心で天に侍り行動する人生を生きる人類天宙大家族になる。

 

タイトルとURLをコピーしました