【礼拝】1/23(日)

礼拝

 日時:1月23日(日)10:00
 場所:船橋中央家庭教会 礼拝堂
 説教者:車 世鍾 教区長
 題目:「天の父母様の沈黙と責任分担」
 配信URL:https://youtu.be/d5E4a__22dA

訓読のみ言

  そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、更に栄光を与えて下さったのである。 ロマ書8:30

 神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 ヨハネ3:16

 先生は神様を最もよく知るチャンピオンです。これまで神様は、全知全能の方であられ、被造万物の世界とは絶対的な主従関係にあり、尊い栄光の玉座にいらっしゃる方であると考えられてきました。しかし、事実は正反対です。私は、摂理的使命を出発しながら、神様と人間の関係が父母と子女の関係だということを知り、最初のアダムをサタンによって失ってしまったのち、神様は、悲しみと嘆息と恨の神様になられたことを悟りました。私は、生涯を通して、その神様の恨を解いてさしあげ、神様の心情を解放、釈放してさしあげようと、全力を尽くしてきました。天一国天聖経P.1418:
16

 責任分担に責任をもてる人は、本来堕落せずに完成すべきアダムとエバ、真の父母になるべきアダムとエバでした。父母だけが責任をもてる責任分担だったのです。父母が責任分担を果たせずにこのような結果の世界になったため、誰にも責任分担ということを教えられないのです。父母に教えられなかった神様なので、誰にも教えることができません。「統一原理」で言う責任分担という言葉が出てこなかったならば、歴史は解く道がないというのです。P.407:39

 私たちは、復活の日を待ち望まなければなりません。地上を通じて、天を復活させなければなりません。私たちは、復活の根拠地が天上だと思っていますが、違います。この地です。この地が中心です。復活の根拠地も解決点も、この地にあります。この地で復活が成し遂げられなければ、天上の復活、人間の復活、万物の復活、地獄の人間の復活も、単なる言葉で終わってしまいます。P.791:17

 天の国に入る人は、責任分担を完成して真の父母の血肉をもった子女になり、神様の直接的愛を受けられる位置に行かなければなりません。そのような場で、主管を受けながら暮らした人々が行く所が天国です。そのため、これを知らなければ、天国に入って入籍することができません。むやみにやってもできないのです。ですから、責任分担について知らなければなりません。
 なぜ責任分担を与えたのでしょうか。それは、人間に無限で高貴な価値を賦与するためであり、神様の創造の偉業に加担させるためです。もし人間に責任分担を賦与していなければ、人間は神様の愛に相対できる対象の位置に立てません。P.400:6

「そうさせた動機はあなたたちにあるのではなく、先生にあるのだ。昨夜、あなたたちを送った後、一晩中、あなたたちの名前を呼びながら祈祷した」み言の証P.137

タイトルとURLをコピーしました